-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-20 11:08 | カテゴリ:未分類
高林監督が旅立たれました。
映画を愛し、映画と生きた81年。
数多くの作品と功績を残された後、映画製作を一時中断。
その16年後、映画づくりを再開した後期の三作品
「ベンチのある風景」「涯てへの旅」「もうひとりの女 京都清滝にて」でご一緒させて頂きました。
特に主演した「涯てへの旅」では高林監督と何度もじっくりと話をし、入念にリハーサルを重ね、高林監督と同じ想いを共有して撮影に臨めました。
その想いは、モナコ国際映画祭で海外の方々の心にも届き、監督賞をはじめ3つの賞を頂きました。

おごらず、高ぶらずいつも温和な笑顔で映画を語る高林陽一監督が大好きでした。
最後の数年、お会いすることなく旅立たれてしまったのが残念でなりません。もう一度、お話がしたかった・・・。

高林監督、本当にありがとうございました。監督から頂いた映画への愛、想いは今も自分の中に生き続けています。
今頃は、先立たれた最愛の奥様と久しぶりに再会されているのかな?ゆっくりと後期の映画のお話などされていれば良いなあ。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://takashirotsuyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/146-95d8b27c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。