2009-07-08 22:37 | カテゴリ:未分類
主演の「レスラー」を観た。
アカデミー主演男優賞にもノミネートされ、ショーン・ペンも「尊敬するミッキーが復活して嬉しい」と言ってただけに期待して観に行く。
ざらついた映像から低予算でつくられた作品であることが感じられる。しかし出演している俳優たちの魂はこもっていた。
マリサ・トメイも切ない・・・。
昔好きだった尊敬する俳優たちが年を重ねるとともに、上手く自分自身は傷つかないところで役をこなしていく中でミッキー・ロークは全てを注ぎ込んで演じていた。
顔形は昔とはかなり違ってしまっていたけど、あの寂しそうな遠くを見つめる目は未だに健在だった。

スポンサーサイト